レンタルオフィスや私書箱には足りない全ての機能を持っているのが仮想オフィスともいわれているバーチャルオフィスです。電話代行や法人登記時にも大活躍!

SOHOで活用

SOHOとして開業した直後は特にコストの問題においてシビアでなければなりません。特に人材を必要としない、業務に必要な機材などは全て揃っていると言った場合、後は住所や新しい電話番号が必要となるだけですが、新たに賃貸で事務所を借りるなどするより、バーチャルオフィスを利用する方がコスト的に大幅な削減をすることができます。

東京都内においてもバーチャルオフィスは点在しており、しかもビジネスの中心地や駅前の一等地などにある場合がほとんどです。個人事業主として自宅で業務を行いながら、名刺などにはバーチャルオフィスより貸し出される住所を記載することが出来、自社のイメージアップにつなげることが出来ます。会議や打ち合わせも貸し会議室として利用できるサービスもあるので、自宅を一切使うことなくお客様とのやり取りも低価格で出来るようになります。