レンタルオフィスや私書箱には足りない全ての機能を持っているのが仮想オフィスともいわれているバーチャルオフィスです。電話代行や法人登記時にも大活躍!

宅配物や電話は全て自宅に転送

個人事業やSOHO、在宅ワークにおいては自宅で業務を行うことが出来る分、コストは大きく削減することが出来ますが、登記や名刺への記載は自宅、電話番号は自宅共用の物を使うか、別途新しく電話回線を引く必要が出てきます。この問題を解決しようとすると、やはり相応にコストがかかり、特に開業直後などは苦しいやりくりが必要となるかもしれません。

しかし、バーチャルオフィスを利用することにより、月額料金が賃貸の半額以下で住所、電話番号を取得することが出来るようになります。東京都内においても多数のバーチャルオフィスが存在しており、今後、広くビジネスを展開したいと考えている方にとっては非常に重宝するものと言えます。

宅配物や電話は全て自宅に転送されるため、オフィスに足を運ぶ必要は無く、イメージアップの一環として利用される方も多くなっています。