レンタルオフィスや私書箱には足りない全ての機能を持っているのが仮想オフィスともいわれているバーチャルオフィスです。電話代行や法人登記時にも大活躍!

自宅の一室で全ての業務が可能

将来的に事務所を構え、本格的なビジネス参入を考えているものの、開業初期などは出来るだけコストを削減したいと言うのが本音ではないでしょうか。そのため、まずは自宅の一室にて全ての業務が行えるようにし、コストを抑えることになるかと思われますが、それでも会議や打ち合わせ、電話の問題はなかなか解決できるものではありません。

このような場合、コストを削減しつつ、自宅で全ての問題を解決する方法としてバーチャルオフィスが人気を集めています。主に個人事業主やSOHOの方の為のサービスではありますが、将来的に法人化するにあたってもレンタルした住所を使用することは可能になっており、登記のことも考えた上で東京の一等地にあるバーチャルオフィスと契約すると言う方も増えてきています。