レンタルオフィスや私書箱には足りない全ての機能を持っているのが仮想オフィスともいわれているバーチャルオフィスです。電話代行や法人登記時にも大活躍!

一番難しいのはヒトを育てることです。

"私は40代で、事務業をしています。小さい会社ですので、人間関係が一番仕事には響きます。元々学生時代の仲間たちが多い職場で、比較的わきあいあいとやっている方でした。
ですが一人だけちょっと気持ち悪い男性がいます。年下で後輩なのですが、根が暗いというか、どうも発達障害なのではないかと思うのです。勿論、差別するつもりは最初からないのですが、月日を重ねるごとに同じ職場にいるのが辛くなるのです。

偏見を持たずに接してはいたのですが、なすこと全てが人をイラつかせるのです。コミュニケーション能力が著しく低く、不器用なのですが、それでも仕事自体を一生懸命にやっていてくれるのなら信用も出来るのですが、彼はその上仕事をサボるのです。そして仕事でのミスを犯し、上司に叱られ、その間の職場の空気が悪くなるのです。それが1度、2度の話ではないので、あまりにひどいので社長には辞めさせた方が彼の為にもなると進言し、彼にはちゃんと病院に行けと、ネットで発達障害の病院を調べてあげて教えたりもしていたのです。私の忠告も虚しく、未だ何も進歩も変化もない職場なのです。
結局ストレス発散はお酒を呑みながら職場の人間に愚痴を言うというかたちになってしまうのですが、愚痴ってはいても、結局悪口を言っている状況になってしまうので、自己嫌悪や罪悪感に苛まれることになり、誰が悪いのか判らなくなってしまいます。はっきり言って良い職場環境ではなくなっています。
仕事と言うのは、信頼関係がやはり大切なのだと思います。そして信頼を得る為に一生懸命誠実に対応してからこそ次のステップに進める話があるのだと。これは仕事だけではなく、人間関係全てにおいて言えることだと思います。問題の彼はプライドも高く、人間的に欠陥があるという事実に自覚がないのです。彼には親しくしている友人すら存在しないようなのです。それでも社長は見捨てずにちゃんと育てることを決めているようです。彼がそのことにちゃんと気付いて答えようとしているとは思えませんが。つくづくヒトを育てるということの難しさを思い知らされました。"