レンタルオフィスや私書箱には足りない全ての機能を持っているのが仮想オフィスともいわれているバーチャルオフィスです。電話代行や法人登記時にも大活躍!

個人事業主から人気!

個人事業主として開業する際、場合によっては新たに住所、電話番号を取得する必要が出てくるかもしれません。自宅で全ての業務ができるものの、自宅の住所などをビジネスで使いたくない場合などではバーチャルオフィスの利用が最も低コストで運用できるものとなります。

バーチャルオフィスでは、日本の中心である東京の一等地に住所を持つことが可能になっており、ビジネス展開におけるイメージアップにもつながります。また、もう一つの問題である「打ち合わせ場所」に関しても、バーチャルオフィスのサービスによっては貸し会議室などを提供しているところもあるので、そちらを利用することにより、本当に事務所を所有しているものとして見せることも可能になります。