レンタルオフィスや私書箱には足りない全ての機能を持っているのが仮想オフィスともいわれているバーチャルオフィスです。電話代行や法人登記時にも大活躍!

オフィスの仕事未経験だった私のケース

"私は現在37ですが、20代後半まで“オフィスワーク”にまるで縁がありませんでした。

高校時代、飲食業のバイトから始まり、大学時代にバーテンダー、そのままそこで就職・出産・・・。
サービス業ばかりやってた私がデスクワークの仕事に入ったキッカケは息子が小学校に入学した8年前でした。

一時、夜の仕事を中断しようと思い、派遣やバイトで事務・コールセンターなどオフィスワークへのチャレンジを開始。

すべては子供のため…といえども、ずっと座って延々と作業や電話をするのが最初の内は特に辛かったのを覚えています!
業務内容の複雑さや、クレームを引いた時の苦痛などよりも遥かに「ずっと座っているコト」にいつまでも慣れず…。昼間オフィスワークをやっていた6年間は目・肩・腰をずっとやられている状態でした(笑)

やはり学生時代に「机に座る」習慣を付けずに好き勝手やってた“ツケ”だと感じました。
息子に、成績の良し悪しはどうでもイイけど、大人になった時に困るからキチンと机で作業できる様になっときなさい、と珍しく親らしいコトを言ったものです。

息子が中学生になり、バーテンダーに復帰してからは昼間をSOHOにしたので、自由な時に中断して立ったり身体を動かしたり出来るので随分楽です!

今でも得意とは言えませんが、6年間の実務を通じて、お金を稼げる手段が増えたコトはとても良かったと感じています。


オフィスワークにおいては、ベタに一時間に一回は休憩を入れて遠くを見たり、立って身体を動かすコトが一番だと思います。
あと、バイトや派遣だとノルマの関係で黙々と業務をする事になりがちで、自然とあまり会話をしなくなりますので淋しい状態にならない様に休憩時間には周囲と挨拶や会話をするといった事がポイントだと感じました。

たまに仕事仲間で行くカラオケやお食事会で騒ぐのもすごくストレス解消になって楽しかったです。