レンタルオフィスや私書箱には足りない全ての機能を持っているのが仮想オフィスともいわれているバーチャルオフィスです。電話代行や法人登記時にも大活躍!

オフィスコストを削減!

個人事業として新規に事業を開業しても、特に初期は人材を確保することも難しく、業務スペースの確保においてもコストの問題で様々な制限が出てしまいがちです。このような場合、バーチャルオフィスを利用すると言う方法にニーズが高まってきています。

事業を展開する際、その中心地はやはり東京となりますが、事務所を持つほどのスペースや業務環境は必要とせず、出来るだけコストを抑えたい場合などには、バーチャルオフィスを利用することで東京の一等地を住所として持つことができ、個人事業でありながら十分なイメージアップに一役買うことになるでしょう。宅配物や電話はバーチャルオフィスの住所より全て自宅へ転送される仕組みとなっているため、移動の手間を省くことにもなります。