レンタルオフィスや私書箱には足りない全ての機能を持っているのが仮想オフィスともいわれているバーチャルオフィスです。電話代行や法人登記時にも大活躍!

パソコンによる業務環境の変化

近年はパソコンを利用した業務環境の省スペース化により、必ずしも東京の都心部でなければビジネスが成り立たないと言うことはなくなり、地方を拠点にして業務を行う個人事業主やSOHO、在宅ワークが増えてきました。それに伴い、事務所として賃貸を利用するケースも多くなっていますが、コストは想像以上に高くなりがちなため、新たな方法として賃貸よりも遥かに格安でレンタルすることが出来るバーチャルオフィスにも人気が集中しています。

東京は日本国内でも商業の中心地と言うこともあり、新規事業として開業し、バーチャルオフィスを利用すると言う流れが大きくなっています。バーチャルオフィスでは住所や電話番号など、ビジネスにおいて必要な情報をレンタルすることができ、個人事業であってもイメージアップがしやすく、ビジネスチャンスを逃さず新たな一歩を踏み出せるようになります。